さとう道新販売サービスセンター 佐藤道新販売所(恵庭) - Topics

 
mainmenu
mainmenu
kako
kako
do-in
do-in
order
order
Topics - 最新エントリ
 最新エントリ配信

最新エントリ
 
2006-11-06  (6:26 pm)
カテゴリ: イベントニュース : 
執筆者: masaaki (6:26 pm)
2006さっぽろ菊まつり 10/31(火)〜11/3(金)
札幌市さっぽろ地下街オーロラタウン・ポールタウン、地下鉄大通駅コンコース 実行委員会 011−211−2376
札幌市の地下街オーロラタウンとポールタウン、地下鉄大通駅コンコースの数ヵ所に、菊花愛好家の作品約1000点を展示する。オーロラタウンの「オーロラスクエア」で行われるオープニングセレモニーでは、先着500人に菊花をプレゼントする。同スクエアでは期間中、9時〜17時まで「菊づくり初心者相談コーナー」を開設するほか、13時30分〜14時30分まで「菊づくり技術講習会」を開く。
洞爺湖温泉イルミネーションストリート 11/1(水)〜3/31(土)
洞爺湖町洞爺湖温泉街 洞爺湖温泉観光協会 0142−75−2446
洞爺湖畔の特設アーケード(約50m)を電飾で彩るほか、12/23〜25は、毎日20時30分から約10分間、花火を打ち上げる。
第35回滝川市農業まつり 11/3(金)
滝川市農村環境改善センター Aたきかわ江部乙支店営農課 
0125−23−2400
農産物の即売会やフリーマーケット、もちつきなどを行う。10時15分から先着500人にリンゴ、ジャガイモ、タマネギなどの詰め合わせを、18時80分から先着300人に地元産の新米「ななつぼし」を、それぞれプレゼントする。
菊花展示会 11/3(金)
深川市中央公民館 深川市農村菊花同好会 0164−25−1329
同市内の菊花愛好家の作品約180点を展示する。
どっこい積丹冬の陣 11/3(金)〜12/10(日)
積丹町内 実行委員会 0135−44−3715
期間中、同町内の飲食店で期間限定などのなべ料理を提供するほか、「食」をテーマにしたイベントを2回開く。その「第1弾」は11/18(土)、町総合文化センターで行う(11時〜18時)「鮨と鍋90分食べ放題(ワンドリンク付き)」。チケットは実行委員会で販売する前売り券のみで、料金は2980円(小学生1580円)。すでに16時以前の予約は満員という。「第2弾」は12/2(土)、町内の日帰り温泉施設「岬の湯しゃこたん」で、11時から同温泉の利用者を対象に開く「鍋の競演。三平汁やソイ、ブリ、タラなどの魚介類をメーンとした7種類のなべ料理(計300食分)を1杯100円程度で販売する。
苫小牧ホッキフェスタ 11/5(日)
苫小牧西港漁港区岸壁 実行委員会 0144−33−5519
近海で捕れた魚介類を水槽で展示する「ミニ水族館」や、観測測量船「はやぶさ」の体験試乗(限定100人。事前予約)などを行う。ホッキ、サケ、カニなどの魚介類をふんだんに使った浜鍋やホッキ飯の販売、ビンゴゲーム、地元アマチュアバンドなどが出演する歌謡ショー、YOSAKOIソーランの演舞、郷土芸能「ホッキ音頭」「とまこまい樽前ばやし」の披露などもある。
ふるさと・ふれあい広場くりやま 11/5(日)
栗山町スポーツセンター 栗山町社会福祉協議会 01237−2−1322
地元産野菜の即売会、フリーマーケットや、地元保育園児のYOSAKOIソーラン演舞、各種ゲームなどを行う。現金1万円やすし、米、日用品など約150点の景品が当たる、抽選会(無料抽選券1000枚配布)もある。太鼓や獅子舞など地元郷土芸能を披露する「ふるさと2006」も共同開催する。
小樽ロングクリスマス 11/11(土)〜12/25(月)
小樽市運河プラザ、JR小樽駅ほか 小樽観光誘致促進協議会 
0134−32−4111
メーン会場の運河プラザ内をクリスマスグッズで飾り、市民や観光客らから寄せられたメッセージ付きのミニツリーを集めた「メッセージツリー」を設置する。運河沿いの倉庫群や日銀旧小樽支店など歴史的建造物をライトアップするほか、市内11のガラス工房が製作した「ガラスのツリー」をJR小樽駅のエントランスホールに飾る。期間中、市内3洋菓子店から講師を招いてクリスマスケーキづくりの講習会(計3回)を開くほか、「クリスマスツリー」を撮影したフォトコンテストなども行う。
第15回全道玉入れ選手権大会 11/12(日)
岩見沢市栗沢B&G海洋センター 実行委員会 0126−45−4600
同一世帯の3人(高校生以下1人を含む)がチームを組んで競う「ファミリー級」のほか、メンバーの合計年齢が100歳以上200歳未満の「ミドル級」、同200歳以上の「ヘビー級」(いずれも女性2人以上を含む1チーム5人)の3部門ある。1試合の時間は1分間で、2回戦って合計の玉数を競う。同数の場合は15秒間の延長戦を行う。予選リーグと決勝トーナメントで順位を争う。優勝賞金は10万円(ファミリー級は5万円)。今年は58チームが参加する。
さっぽろホワイトイルミネーション点灯 11/17(金)
札幌市大通公園、駅前通り 札幌市観光協会 011−211−3341
札幌の冬を彩る慣例行事。大通公園と駅前通り(JR札幌駅から大通公園まで)の街路樹などを約37万個の電球で飾るほか、電飾付きのシンボルオブジェなどを設置する。電飾の点灯期間は大通公園が1/4(木)まで、駅前通りは2/12(月)までで、いずれも点灯時間は16時〜22時(12/23〜25、31は18時〜24時)。
さっぽろさよならマラソン 11/19(日)
札幌市豊平川右岸河川敷 スポーツインジャパン 011−823−0102
札幌のマラソンシーズンの終わりを告げる大会。コースは豊平川河川敷に設けるハーフ(高校生以上男女)とクォーター(中学生以上男女)の2つ。例年400人以上が参加する。
ミュンヘン・クリスマス市in Sapporo 11/22(水)〜12/17(日)
札幌市大通公園2丁目 実行委員会 011−211−2032
札幌の姉妹都市、ドイツ・ミュンヘン市の恒例行事の一つ「ミュンヘン市」を再現し、同市について広く知ってもらおうと、2002年から行っているイベント。本場ドイツのビールやワイン、ソーセージ、ガラスなどの工芸品などを販売するほか、期間中、ジャズバンドやゴスペル歌手のコンサートや、市内小中高生らのコーラスや吹奏楽、ステージパフォーマンスなどを行う。
京極町勤労感謝祭 11/23(木)
京極町公民館、体育館ほか JAようてい京極支所営農係 0136−42−2131
地元農産物をはじめ、焼きそば、焼き鳥、弁当、コーヒーなどを販売する。町民による演芸やコーラスなどの舞台発表も行う。
新千歳空港ターミナルビル イルミネーション点灯式 12月上旬 
千歳市新千歳空港 北海道空港 0123−46−5111
新千歳空港ターミナルビル2階のセンタープラザに電飾で彩った高さ約5mのクリスマスツリーを設置し、来場者に楽しんでもらう。当日は地元の交響楽団「千歳フィルハーモニー」の演奏もある。イルミネーションの点灯期間は2月末まで。
 
News : 
 
2006-10-27  (8:23 am)
カテゴリ: News : 
執筆者: masaaki (8:23 am)
日ハム44年ぶり日本一、北海道移転3年目 中日に4勝1敗
 
北海道日本ハムファイターズがプロ野球12球団の頂点に立った。日本シリーズ第5戦は二十六日、札幌ドームで行われ、日本ハムは中日に4−1で逆転勝ち、対戦成績を4勝1敗として前身の東映時代以来、44年ぶり2度目の日本一になった。二○○四年に北海道に移転してから3年目、満員の4万2030人の大観衆の前で歓喜の瞬間を迎えた。
 

 日本ハムは敵地のナゴヤドームで行われたシリーズ初戦を落とした。しかし、第2戦を逆転勝ちして勢いに乗り、本拠地の札幌ドームでは熱狂的なファンの声援に後押しされ、第3、4戦も連勝。あと1勝となったこの試合も1点を先行されたが、五回に金子のスクイズで同点。六回には主砲セギノールが決勝の2点本塁打を右翼スタンドに打ち込んだ。先発のダルビッシュは八回途中まで1失点で抑える力投。初めて北海道で開かれた日本シリーズの札幌3連戦で一気に決着をつけた。
 

 試合終了後、今季で引退する新庄らが胴上げされ、スタンドからは割れんばかりの大歓声と拍手が送られた。
 

 シリーズの最優秀選手(MVP)には稲葉篤紀外野手が選ばれた。
 日本ハムは今季、バントなどの小技を交えて得点を重ね、安定した投手を中心とした堅い守りで逃げ切るスタイルが定着、九月後半の混戦を突破して最終戦でレギュラーシーズンを1位通過した。札幌ドームで開催されたソフトバンクホークスとのプレーオフ第2ステージも2連勝(アドバンテージを含め3勝)で制した。3年前からヒルマン監督が指揮を執り、〇四年に本拠地を東京ドームから札幌ドームに移転。同年はリーグ3位となりプレーオフに進んだが第1ステージで西武に負け○五年はリーグ5位だった。

 
⇒ 日ハム日本一号外1 (PDFファイル 256KB)

⇒ 日ハム日本一号外2 (PDFファイル 225KB)
 
News : 
 
2006-10-02  (11:24 am)
カテゴリ: News : 
執筆者: masaaki (11:24 am)
北海道新聞社は日ごろのご愛読に感謝するとともに、道新ぶんぶんクラブの会員が8万人を突破したのを記念して、「道新年末ぶんぶんジャンボ大懸賞」を10月1日から年末まで実施します。合計1250人の読者の皆さんにプレゼントが当たります。ぜひご応募ください。


⇒道新ぶんぶんクラブ 年末ジャンボ大懸賞詳細
 
 
2006-09-25  (7:24 pm)
カテゴリ: イベントニュース : 
執筆者: staff (7:24 pm)
豊浦漁港豊漁まつり 10/1(日)
豊浦町豊浦漁港前広場 豊浦町林政商工課 0142−83−2121
サケなど海産物の即売会、サケのつかみ捕り、演歌歌手の中村明さんを招いたステージショーや、各種ゲーム大会などを行う。サケなどの魚介類や野菜を入れたジャンボ鍋(1000食分)の無料提供もある。
室蘭さかなの港町同窓会 10/1(日)
室蘭市追直漁港 室蘭市水産課 0143−22−1111
魚介類や水産加工品の格安販売、サケ鍋の提供やサケのつかみ捕り(いずれも有料)のほか、特設ステージで各種ゲームなどを行うほか、室蘭市の漁港の歴史やクジラウォッチングなど観光についてはパネル展示で紹介する。当日は、隣接する道立栽培水産試験場を一般公開する。
キララ共和国「建国祭」10/1(日)
蘭越町中心部商店街 蘭越町商工会 0136−57−5437
地元産米の即売会、同米を使った料理の試食会や、チャーハンとキノコ汁の無料提供、もちつき、もちまきなどを行う。特設ステージで、地元中学生のブラスバンドや、セミプロの演奏家によるチェロやピアノ、バンド演奏を行うほか、会場周辺の道路を歩行者天国にして、野球のボールを使った的当て「ストラックアウト」などのゲームも行う。地場産品や工芸品、古本などの展示や販売を行う「にぎわいバザール」も開く。
しずない大豊食まつり 10/7(土)・8(日)
新ひだか町公民館駐車場 実行委員会 01464−2−1000
当日水揚げされたサケや、山海の幸が盛りだくさんの味覚丼と味覚鍋を格安で販売するほか、地元産の米や野菜、乳製品、丸焼き牛肉販売などを行う。フリーマーケットも出店する。来場者に無料配布する抽選券の当選者計50人には全国各地の特産品などが当たる。自衛隊音楽隊の演奏、阿波踊りやYOSAKOIソーランの演舞、郷土芸能「シベチャリ太鼓」の演奏などもある。
2006とねっこカーニバル 10/8(日)
門別町日高ケンタッキーファーム 実行委員会 01456−2−2192
サケのつかみ捕り、YOSAKOIソーラン演舞や郷土芸能「蛍太鼓」の演奏、パークゴルフ大会、人間競馬「とねっこダービー」、勝ち馬投票クイズなどを行う。飲食や地元特産品の販売コーナーも設ける。入場無料。前日の10/7は13時に同ファームを出発し、バスで同町内数ヵ所の牧場をめぐってサラブレッドなどを見学する「オープンファーム」も実施する(参加料は一律3000円)。
そうべつりんごまつり 10/8(日)
壮瞥町長流川河川敷 JAとうや湖本所 0142−89−2468
リンゴやナシ、ブドウなど地元特産の果物や野菜、花などを即売、黒毛和牛の焼き肉や軽食のコーナーも開設する。「轟轟戦隊ボウケンジャー」のキャラクターショーやもちまきなども行う。多数の景品が当たる大抽選会もある。同抽選券は同会場で1000円以上の買い物で1枚配布する。
第30回支笏湖紅葉(もみじ)まつり 10/8(日)
千歳市支笏湖温泉 実行委員会 0123−23−8288
支笏湖名産のヒメマスの塩焼きや、山菜などの入った「味覚汁」の販売、湖上遊覧船乗船料金の割り引きや温泉入浴料金の半額サービス、会場周辺の食堂や土産物店でも割り引きサービスを実施する。地元小学生の鼓笛隊パレードもある。
月浦ワインまつり 10/8(日)
虻田町「グリーンステイ洞爺」 洞爺湖町観光振興課 0142−75−4400
地元の月浦地区で栽培したブドウで作られたワインの販売や、豚肉のバーベキューなどの飲食コーナーを開設。ビンゴゲームなどのアトラクションも行う。赤ワイン(1本1700円)は、前売り300本の限定販売。
定山渓もみじ大茶会 10/9(月)
札幌市定山渓温泉 定山渓観光協会 011−598−2012
定山渓温泉の6つのホテルを会場に行う。お茶券は6会場分の茶席(弁当付き)と、6会場のいずれか1ヵ所で使える入浴券が付いて前売り3000円(当日3500円)。
えにわの秋めぐり 紅葉ツアー 10/14(土)
恵庭市緑のふるさと森林公園、ラルマナイ自然公園ほか
恵庭観光協会 0123−37−8787
JR札幌駅をスタート、JR恵庭駅を経由して、緑のふるさと森林公園やラルマナイ自然公園(白扇の滝など)、サッポロビール工場などを巡るバスツアー。地元のボランティアガイドが同行し、緑のふるさと森林公園ではトレッキングや昼食、サッポロビール工場では工場見学やビールの試飲なども楽しめる。参加料は未定。申し込みは10/7まで。
だて物産まつり 10/14(土)・15(日)
伊達市だて歴史の杜黎明観前広場 伊達観光協会 0142−25−5567
野菜や鮮魚など、伊達市と近隣市町村の特産品を販売する。NHKの人気アニメのキャラクターショーも開く。
みかさ桂沢紅葉まつり 10/15(日)
三笠市桂沢湖畔 実行委員会 01267−2−3997
ヤマベの塩焼きや鹿肉のバーベキュー、キノコ汁など飲食の露店を出店、ステージでは演歌歌手の暁メイ子さんとものまねタレントのタマ千春さんのライブショーを行う。地元菓子店がこの季節限定で製造している「紅葉まんじゅう」を使ったゲームはユニーク。2人1組で、一人が一口サイズに切った同まんじゅうをステージ上から投げ、3メートルほど離れた下にいるもう一人が口でキャッチする回数を競うというもの。出場は25組限定で、申し込みは当日(参加料1組200円)。優勝チームには地元の特産品を贈る。1〜7メートル離れた場所に、ワインや梅干、カボチャ(温泉入浴券などを並べ、フラフープを使って行う輪投げゲーム(参加料1回100円)もある。会場内の噴水池にヤマベやニジマスを放流した、釣り堀(20分300円)も楽しめる。
鵡川ししゃもファミリー駅伝大会 10/15(日)
むかわ町ワーカム自動車周回路コース 
むかわ町商工観光課 01454−2−2411
小学3年生以上が参加対象のマラソンと駅伝大会。マラソンは3キロ、5キロのほか、親子ペア(子は小学3年生以下)の1.5キロもある。駅伝は4人1組で、小学3年生以上の8キロ、年齢層別に3部門ある17.6キロの距離でそれぞれ健脚を競う。会場には地元特産品の販売やシシャモ、和牛のバーベキューコーナーも設ける。
東胆振物産まつり 10/26(木)〜29(日)
苫小牧市駅前プラザEGAO 苫小牧市商業観光課 0144−32−6111
東胆振地区の1市4町と伊達市が参加し、マチのPRを兼ねて農水産物や工芸品などを販売する。参加各市町の特産品が当たる抽選会もある。
いわない青果まつり 10月下旬
岩内町「道の駅・いわないガイドセンターたら丸館」前 
岩内青果商組合 0135−62−1104
岩内青果商組合が日ごろの感謝を込めて、タマネギ、キャベツ、カキ、リンゴなどの野菜や果物を格安で販売する。甘酒やジャガイモの無料提供もある。
さっぽろ菊まつり 10/31(火)〜11/3(金)
さっぽろ地下街オーロラタウンほか 札幌市観光企画課 011−211−2376
札幌の地下街オーロラタウンとポールタウン、地下鉄大通駅コンコースの数ヵ所に、菊愛好家作の菊花約800鉢を展示する。オーロラタウンの「オーロラプラザ」で行われるオープニングセレモニーでは、先着500人にミスさっぽろが菊の花をプレゼントする。同プラザでは期間中、9時から17時まで菊栽培の相談コーナーを設ける。
 
 
2006-09-05  (1:02 pm)
カテゴリ: イベントニュース : 
執筆者: masaaki (1:02 pm)
百万凧まつりin美唄 9/10(日)
美唄市農道離着陸場「スカイポート美唄」 美唄観光物産協会
 01266−3−0103
全国から凧愛好家の約100人が集まり、伝統的な凧揚げやスポーツカイトを楽しむ。参加者が持ち寄った自慢の凧の展示や撮影会、約20畳大の大凧揚げなど模範演技の披露や、手作り凧の出来栄えなどを年齢層別などで競う「凧揚げ競技大会」も行う。会場では地元農産物の販売や、グァムや沖縄旅行などが当たるくじ引き(抽選券200円)もある。
おたるワインカーニバル 9/10(日)
小樽市毛無山山ろく「北海道ワイン」敷地内 実行委員会 0134−34−2181
「おたるワイン」や牛肉、ジンギスカンなどを販売する。ワインのコルク早抜きやブドウの早搾りなど豪華景品付きのゲーム大会、歌手の湯原昌幸さんを招いた歌謡ショーやバンド演奏などのステージショーもある。昨年リニューアルオープンした「ワインギャラリー」(工場内の直売施設)の見学もできる。
2006みたら・やったら・くったらフェスティバル 9/10(日)
古平町「語らい広場」(古平中学枚正門横) 古平町観光係 0135−42−2181
地元産魚介類などの販売や飲食の出店が並ぶ。サケが当たる抽選会、用意した魚介類の重さを当てる「めかたでドン」などのゲームや、民謡演奏グループの平野勝子さん、津軽屋ふじ子さん、梅川定香さん、ものまねタレントのダンキーさんのショーもある。フリーマーケットも開く。会場に隣接する古平中学校体育館では10時から、民謡「たら釣り節」の全国大会も開催する。
しんとつかわ味覚まつり 9/10(日)
新十津川町改善センター前広場 新十津川町産業振興課 0125−76−2134
地元産の新米で炊いたごはんを無料提供するほか、イモ煮なべ、手打ちそば、地酒の「金滴」やビール、焼き鳥、地場産の野菜などを100円〜400円の格安で販売する。各メニューの購入は食券制で、前売り券は1枚100円の12枚つづり、当日券が同10枚つづりで各1000円。カラオケ大会や商品券などが当たるくじ引きも行う。なお、同町と近隣の月形町、新十津川町の8町が協力して考案した、特産食材を使った弁当も販売する。
石狩さけまつり 9/16(土)・17(日)
石狩市弁天歴史通り一帯 石狩市観光係 0133−72−3111
サケの即売会をはじめ、サケのつかみ捕りや、空き缶を積み上げるスピードを競ったり、空き缶をカップに見立てたゴルフ大会などで空き缶の有効利用法を提案するゲームなども行う。同時開催の「北海道遺産石狩川歴史・文化伝承事業」では、石狩漁協組合員が地引き網の実演などを行う。また、石狩小学校グラウンドを発着場所として、石狩市上空をヘリコプター遊覧できるイベントも行う。同遊覧の開催時間は9時〜17時で、料金は1回(約5分間)3900円(子供は3000円)。
2006たるまえ・サンフェスティバル 9/16(土)・17(日)
苫小牧市オートリゾート苫小牧アルテン牧場の広場 苫小牧観光協会
 0144−34−7050
歌手の栗原ちあきさんや地元女子高生3人組の「タッチ」を招いた歌謡ショー、郷土芸能の披露や地元YOSAKOIソーランチームの演舞、各種景品が当たるお楽しみ抽選会などを行う。バーベキューのメニューは、牛肉(牛肉250グラム、野菜付き)と、海鮮(ホッキ貝、エビ、シシャモ、イカ、サケなど)の2種類あり、いずれも食券は、地元特産品が当たる抽選券が付いて1200円(当日は1500円)で、同市内のスーパーなど4ヵ所で販売中。
ふるさと百餅祭り 9/16(土)〜18(月)
岩見沢市街中心部 岩見沢観光協会 0126−22−3470
直径約2メートルの巨大な臼でもちをつく恒例行事。もちはきな粉もちやおしるこにしてふるまう。小型の臼百個を並べ、親子でもちつきを楽しむ催しや、札幌と地元岩見沢の愛好者らが阿波踊りを踊る。
2006インディアン水車まつり 9/17(日)・18(月)
千歳市サーモンパーク 千歳市観光連盟 0123−24−8818
特設プールにヤマベを放流し、競泳させて順位を予想する「ヤマベレース」や、釣り堀としても楽しんでもらう。サケなべやイクラ弁当の販売なども行う。
厚田ふるさとあきあじまつり 9/23(土)
石狩市交流センターみなくる周辺 石狩北商工会 01337−8−2513
地元農水産物の販売をはじめ、「厚田音頭」「望来獅子舞」など郷土芸能の披露、YOSAKOIソーランの演舞のほか、サケが当たるサケの重量当て(参加料800円)、米やジャガイモなどの特産品が当たる宝引き(同300円)などのゲームや、もちまきなどを行う。
味覚の祭典・よいち大好きフェスティバル 9/24(日)
余市町農道空港 余市町観光係 0135−21−2125
果物や水産加工品など地元特産品の即売会や、サケ、エビなどの魚介類をふんだんに入れたヤン衆鍋(8000食)、ミガキニシン(300匹)を無料で提供する。札幌のYOSAKOIソーラン3チームが演舞を披露する。
しゃこたん生き活きまつり 9/24(日)
積丹町憩いの広場 積丹町商工会 0135−44−2011
サケ、イクラ、ウニ、ジャガイモ、トウモロコシなどの農水産物の即売会や、サケ鍋(500食)を無料提供する。
ストリート座MANZAI 9/24(日)
当別町まちの駅アウル 当別町商工労政観光課 01332−3−2330
野菜や魚介類など、同町や近隣市町村の特産品を格安で販売する。吉本興業所属の若手お笑いタレント数人が出演するステージショーもある。
ぼたんそば収穫祭in浦臼 9/24(日) 
浦臼町鶴沼公園 浦臼町観光協会 0125−68−2111
同町や道内各地のソバ打ち愛好会のメンバーらが10数軒の露店を開き、同町特産のそば粉「ぼたんそば」を使った手打ちソバを、1人前300円〜で提供する。同町の特産品販売コーナーや、ソバの早食い大会なども行う。
浜益ふるさと祭り 9/24(日)
石狩市浜益区川下イベント広場 石狩観光協会浜益事務所
 0133−79−5700
サケなどの魚介類や農畜産物の販売を行う。自衛隊音楽隊の演奏や、太鼓や踊りなど郷土芸能の披露、カラオケ大会、コーラの早飲み大会、大声選手権などユニークなアトラクションのほか、サケや野菜、ハチミツなどの当選券が付いたもちまきもある。当日は浜益区内の林道を巡る「第1回浜益『いっぺ、かだれや』林道ウォーク&マラソン」を同時開催する。小学生以上が参加対象のウォーキングは10km、マラソンは中学生以上の参加対象で10km。参加料はウォーキングが1300円(小学生は300円)、マラソンは1800円で、申し込みは両種目とも計200人の定員になり次第締め切る。
 

« 1 ... 24 25 26 (27) 28 »

TOPページへ
 
Copyright © 2006 Sato Doshin Hanbai Service Center All Rights Reserved.
Design by SevenDays Design | Produced by office-2boi

道新佐藤新聞店 北海道新聞 日本経済新聞 折込チラシ 北海道恵庭市